ジュネーブ軍縮会議(CD)

2018/11/20

特徴・成果物

特徴
1979年、第1回国連軍縮特別総会決定により設立された唯一の多国間軍縮交渉機関。他の国際機関からは独立しているが、事務局機能は国連軍縮部(UNODA)ジュネーブ事務所が担当している。決定は全てコンセンサス方式を採用。           

成果物
軍縮会議で作成された重要な軍縮関連条約:
核兵器不拡散条約(NPT)(1968年) 
生物兵器禁止条約(BWC)(1972年) 
化学兵器禁止条約(CWC)(1993年)
包括的核実験禁止条約(CTBT)(1996年)

加盟国

現在、以下の65か国から構成されている。日本は1979年に参加。
-西側グループ(25か国): アイルランド、アルゼンチン、イスラエル、イタリア、英国、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、ドイツ、トルコ、フィンランド、フランス、米国、ベルギー、ポーランド、ハンガリー、日本、ニュージーランド、ノルウェー
-東側グループ(6か国): ウクライナ、カザフスタン、ブルガリア、ベラルーシ、ルーマニア、ロシア
-G21グループ(33か国): アルジェリア、イラク、イラン、インド、インドネシア、エクアドル、エジプト、エチオピア、カメルーン、北朝鮮、キューバ、ケニア、コロンビア、コンゴ民主共和国、シリア、ジンバブエ、スリランカ、セネガル、ナイジェリア、パキスタン、バングラデシュ、チリ、チュニジア、ブラジル、ベトナム、ベネズエラ、ペルー、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、モンゴル
-中国 
  

会期・議長国

2020年の日程
第1部: 1月20日~3月27日
第2部: 5月25日~7月10日
第3部: 8月3日~9月18日

議長国
全加盟国がアルファベット順に4週間交代で務める。
2020年: アルジェリア,アルゼンチン,オーストラリア,オーストリア,バングラデシュ,ベラルーシ

活動・議題

活動
毎週開催される公式本会議を中心に活動する。公式本会議で通年議題及び作業計画を採択し、それらに基づいた活動を行う他、年に1回、国連総会に対して報告書を提出する。

議題
(1)核軍備競争停止および核軍縮 
(2)核戦争防止(カットオフ条約(FMCT)を想定)
(3)宇宙における軍備競争の防止(PAROS)
(4)非核兵器国に対する安全保障の供与(NSA)に向けた効果的な国際的合意
(5)放射性兵器等新型大量破壊兵器
(6)包括的軍縮計画
(7)軍備の透明性(TIA)
(8)国連総会への報告書